爪水虫(爪白癬)の症状と原因は?特効薬に【クリアネイルショット】

<スポンサーリンク>

”「爪水虫」は日本人の10人に一人は発症してる!”

って知ってますか?

「爪が白くカサカサしてる」

「なんか爪に筋がある?」

ーもしかしたらソレ、「爪水虫」かもしれません!

 

 

<スポンサーリンク>

 

 

「爪水虫」とは?

なんとなく中年男性のイメージが強い「水虫」ですが、

 

足の皮膚などが”白癬菌”に感染することで

皮がめくれたり、じゅくじゅくしたり、

かかとの角質が硬くなったりします。

 

これがいわゆる「水虫」の症状です。

 

「爪水虫」は、同じく”白癬菌”が”爪”に感染して起こる

爪の病気で、別名「爪白癬」とも言います。

 

皮膚に出来る水虫と原因菌は同じでも、

爪には神経が通っていないので

水虫の初期症状である”かゆみ”を感じることがなく、

気付きにくいのが特徴です。

 

 

ソレって「爪水虫」かも?!

爪水虫は足の水虫と症状も異なります。

 

初期段階では

  • 爪の先端が白っぽくなる
  • 爪に白い筋が出来る

 

などですが、

更に悪化すると

  • 爪の表面が黄色→茶色→黒っぽく変色
  • 爪が爪切りで切れないほど分厚くなる
  • 爪がもろくボロボロ欠け落ちやすくなる
  • 靴があたると痛い

 

などの症状が現れ、

こうなると治療も大変長期にわたりますので、

なるべく初期段階での治療が大切となります。

 

 

なぜ「爪水虫」になってしまうのか?

まず、爪水虫は、

水虫じゃない人が発症することはほとんどありません!

 

足に水虫を持っている人が併発して発症する

ケースがほとんどです。

 

ですので、

まずは水虫に感染しないようにするのが重要です。

 

そしてなんと!驚くことに、

5人に一人は水虫だと言われています!

 

 

水虫の感染ルートは?

水虫の原因『白癬菌』は、

とても生命力がつよく、

水虫に感染している人から剥がれ落ちた角質の中でも

しばらく生き続けます。

 

また、湿度70%以上、温度20度以上で活性化するため、

ジムやプール、銭湯など、

不特定多数の人が出入りするバスマットなどには

ほぼ100%!白癬菌がいる!!

といっても過言ではありません💦

 

でも安心してください!

白癬菌に触れたからといって

100%水虫になるわけではありません!

 

なぜなら、

白癬菌は皮膚に侵入するまで24時間かかる!

ーと言われているので、

24時間以内に足を洗えば水虫にはなりません!

(傷などがある場合は12時間以内)

 

 

公共のバスマット以外にも、

一日中靴を履き続けることで

靴の中が高温多湿状態になり

白癬菌が好む環境を作ってしまいます。

 

子供ではなく働く大人、

つまり中年男性に水虫が多いのはこのためですね。

 

 

 

 

水虫の人の4割が『爪水虫』を発症

冒頭でもお話ししましたが、

爪水虫だけを発症する人はほとんどいなく、

既に水虫を発症している人が爪水虫を併発します。

 

爪水虫は初期の段階で治さないと

完治するのにとても時間がかかります。

 

にもかかわらず、爪には神経がないので

気付きにくいのがやっかいなんです(>_<)

 

 

『爪水虫』になってしまったら・・・

安心なのは、皮膚科に行く!ことですよね。

 

ですが・・・

「水虫なんて恥ずかしい・・・」

「時間がない!!」

 

などの理由でなかなか病院に行けない人も

多いのではないでしょうか。

 

実際、皮膚科に行って重度の水虫と診断されたら、

ほとんどの場合内服薬を処方されます。

 

「えっ?塗り薬じゃないの?」

って思うかもしれませんが、

 

爪水虫の場合、爪が分厚いため

患部に塗布しても浸透しないため、

薬を内服することで血液を通って

内側から患部に届ける仕組みなんです。

(※現在では爪にも浸透する外用薬も開発されており

商品化されています。後述しますね)

 

しかし、主に水虫治療に処方される抗真菌薬は

  • 肝臓機能を低下させる
  • じんましん、かゆみ、発疹
  • 吐き気や下痢
  • 血液成分の減少
  • 胃部不快感

 

などの副作用が出る場合があり、

そのため、処方する際には必ず血液検査が行われます。

 

つまり、重度の爪水虫と診断されると

副作用のリスクがある内服薬を

最長で1年間、服用しなくてはならない為

月に1~2回は病院に通う必要があるし

治療費も膨大なものとなります。

 

 

アメリカでは外用薬が常識

前記したように、

皮膚科に通い内服薬を飲み続けることは

手間もお金も副作用のリスクもあります。

 

そもそも、もともと肝機能に問題のある人などは

内服薬を使用することが出来ません。

 

そこでおすすめなのが、副作用の心配がなく

爪の上からでもしっかり患部にまで浸透する

画期的な外用薬、爪水虫の塗り薬 Dr.G’s クリアネイル です。

 

有効成分である”トルナフタート”は

特許を取得した浸透技術で、

今まで爪の深部に届くことが難しいとされていた

塗り薬の治療を可能にしたお薬です。

アメリカのネイルサロンでは不動の人気を誇っているようです。

 

 

そして平成28年7月20日、ついに、

国産の爪水虫薬が発売されましたよ!!

 

その名も【クリアネイルショット

(【クリアネイル】と名前がめちゃくちゃかぶってる・・・)

 

クリアネイルショットは有効成分をオイルで包み込むことにより、

親油性である爪の表面からも浸透しやすくしてます。

 

この2つのお薬のように、

爪水虫には爪の深部にまで浸透する薬でないと

全く意味がありません!

 

また、足の爪は生え変わるまで半年~1年近くかかるので

最低でも半年は治療を続ける必要があります。

 

かゆみがおさまったからと言って途中で治療をやめてしまうと

角質層の奥深くに潜んでいる

殺し損ねた白癬菌が気温が高くなるとともに現れ再発します。

 

一度水虫になった人の再発率はなんと50%

と言われているので、

とにかく根気よく治療を続けることが大事なんです。

 

 

まとめ

あまり人には言えない「水虫」(>_<)

 

常に清潔にして乾燥させることで防ぐことは出来ますが

それでも感染してしまったら、

とにかく早期での完治が重要ですね!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

<スポンサーリンク>

2 Responses to “爪水虫(爪白癬)の症状と原因は?特効薬に【クリアネイルショット】”

  1. 匿名 より:

    今年の夏、初めて爪水虫らしきものができてしまい、恥ずかしさから病院に行けず困っているところ、こちらの記事を拝見しクリアネイルショットを購入し1カ月ちょっと経ちます!だいぶ見た目がキレイになり既に効果を実感してます!これで病院に行かずに済みそうです。ありがとうございます!

    • ayako.u5199 より:

      そうですよね、水虫ってちょっと言いずらいですよね・・・(>_<)早く良くなるといいですね!お役に立てて良かったです♪

ayako.u5199 にコメントする

サブコンテンツ

このページの先頭へ